読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Death & Honey

死と蜜、儚く甘く気だるい魔法

”嘘7000”

僕たちは街の煙突という煙突を塞ぐ

腐臭いっぱいの生ゴミを食べ

おまわりさんに犯罪をさせ

すれ違う人皆の死に顔を想像し、スケッチする

 

(彼女は一度だけ僕の前で泣いた。僕は騙されたのかもしれない。僕も泣いた。彼女を騙し返したのかもしれない…)

 

三日前街一番のビルが倒壊したのは僕たちのしわざ

寝る前に自分たちの腹の中の寄生虫の数をかぞえ

僕たちだけのイカした神様にお祈りをする「嗚呼、あの皆殺し兵器に!」

とびきりの疫病にかかり

黒い血を吐き

学校をさぼり

排ガスだらけの旅に出る

 

(僕たちが会うのはさびしさの穴埋めの穴埋めの穴埋め)

 

毎晩大音量で騒ぐ

からっぽのパーティー

彼女は僕のサンドイッチに毒を盛る

あらゆるものの燃やしかたを研究しよう

誰かの遺書をオペラ調で朗読しよう

そんな夜は300年続き

やがて手の先から壊死は始まる

僕たちの指は触れあうそばから崩れ出した…

 

(嘘7000……その実(じつ)6997の嘘と3つのほんと。)