読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Death & Honey

死と蜜、儚く甘く気だるい魔法

”夜は海の底”

口からぽかりと泡が出て

上空へ登ってゆく

 

隣を歩く友人が話す度に

その口からも

 

行き当たりばったりで設置された照明が、酒と歓声と散り散りの方向に歩く人々とを混ぜあわせる

 

深夜の街は

深い海の底

 

僕の躰の周りには

いつもよりも高い圧がかかっていて

僕の躰は少し飲んだアルコールのせいか

そのことに敏感になる

 

思考して

笑う

バカな思いつきが

ほわほわと出てくる

 

そうやって歩きながら

自分の理屈の全てを受け入れ

この世の法則の全てを受け入れ

 

この海底を歩くのがなんだか苦しいような気持ちいいような

不思議な感触

 

朝になるとこの圧は消え

解き放たれた僕の躰はきっと破裂して拡散するだろう

 

今だけ

かろうじて

この夜の底で

形を留めているのだ