読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Death & Honey

死と蜜、儚く甘く気だるい魔法

“消費され尽くした夜”  

ようやく手にした念願の黄金を

君は自慢げに舐める

このレトロに気取った宮殿の宴の中で

君は誰にも相容れない星

 

酒は渇きを癒すけれど

歴史を良い方には導かなかった

その湿ったように光る黒髪が

僕に悩ましい罪の感情を起こさせる

 

この夜の風は

どこまで続いているのだろうか

まだ見たこともない国や城や人々、町並み、自然、美しさが

この夜空の向こう

あの山の向こうにはあるのだろうか

 

僕の周囲を取り巻くこの世界の

なんとちっぽけなことか

また一杯、酒を飲み干して

僕は夜を消費する

あらゆる者を誘惑するための

君のその黄金が

僕にとって一体何の価値があるというのだろう