読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Death & Honey

死と蜜、儚く甘く気だるい魔法

”息苦しいフィクション”

彼女は笑って繕った

震えていたのは、まだどこかが痛むからだ

外は雨が降っていて

新しい季節が来ると老人が独り言を言った

馬が一周する刺繍のセーター

地球は回転し

紅茶は冷め

彼女を置いていく

何も語りたくない

何も

言葉は連なりそれ相応の意味を作る

私の気持ちを作る

なんて簡単に!

—この人生は

息苦しいフィクションじゃないかしら

彼女は思った