読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Death & Honey

死と蜜、儚く甘く気だるい魔法

”どうして今日は終わるの?”

明日が来るのがもったいないくらいだ

どうして今日は終わるの?

土曜の花曇りの夕方

この

瞬間が

ずっと続けばいいのに

どうして終わるの?

 

言い出した順番が大切な順番

私を一番最初に言ってくれてうれしかった

桜の樹の下

散るのは不安

去るのは情け

墨色の幹から時々風に舞う淡いピンクの花びら

それは気まぐれな涙

髪の先に花びらが一枚、とまった

払い落としてしまうと何か寂しくなりそうで放っておいた

 

どうして?

帰らなきゃいけないの?

明日が来るのがもったいないくらい

桜よ、桜の花びらよ、散れよ散れ

世界を彩って終わらない今日を作っておくれ

過去も未来もいらない

今、この瞬間の幸せを永遠に繋ぎとめてほしいのです