Death & Honey

死と蜜、儚く甘く気だるい魔法

”教えて”

いろんな思いがあって

それが形になって

素敵だなって思う

 

夏の影

命の形

瞳に映った景色を教えて

 

 

”静かの海で”

その額に

気まぐれに

黒衣の堕天使のキス

 

夕暮れ

手遅れ

罪を背負い

穢れてしまった道徳心

 

また会いましょう

また会いましょう

静かの海で

何が聴こえる?

互いの姿は見えずとも

身体が朽ち果て 無くなっても

 

 

 

”地獄を一緒に過ごすのも悪くない”

いじらしく

抵抗のしようのない響き

その名前

 

呪いであり魔法でもある

地獄を一緒に過ごすのも悪くない

あなたとなら、ね

 

憂鬱を手懐け

絶望と固く友情を結び

閻魔大王でさえ畏怖の念を抱くという

 

その涼しげな目元に

伏せた睫毛に

あらゆる美が集まり

ため息をする

 

呪いであり魔法でもある

地獄を一緒に過ごすのも悪くない

あなたとなら、ね

 

 

 

”ディレイ”

言の葉はひらひらと舞い

刻まれたハーシュノイズ

置換された影

蒸留された想い

 

帰ってこないやまびこ

ディレイしてディレイしてディレイして

 

 

”疼き”

小さな画面に本音を刻みこんだのは良いものの、

一晩寝かせたらゴミ屑

哀れその思いは

delete.

一瞬で消え

 

拍手喝采

満員御礼

そんな人生のエンディングを夢見た頃もあった

祝福しろ

肯定せよ

愛してくれ

愛してくれ

愛してくれ

 

打っている実感の無い文字

撃たれた覚えの無い銃創

そこかしこにあって

時々疼くのです

 

 

”君にならば殺されたい”

人の情けに嫌気がさして

差分  切り捨てて

夜中  虚空に吠える

 

唐突に忌々しい罪への懺悔

君にならば殺されたい

その気で呼吸している

そのつもりで生きている

君にならば殺されたい

明日が来なくってもいい

 

 

 

 

"分断の銅像"

優雅に進む

無理なく進む

そのはずだった

どこかで狂ってしまった

 

分断された空間

箱庭

怒るだけで精一杯の人達

 

かわいそう

憐れみの染み込んだ土壌

 

知らんぷりした銅像

世の喧騒なんてどうでも良いよ、と

風雨にさらされている

 

傘をなくした私は

ずぶ濡れで帰った

よくわからない怒り

よくわからないから機嫌が悪いのか

 

濡れてしまえば

どうでもよくなった

 

あの公園の銅像

私と同じ