Death & Honey

死と蜜、儚く甘く気だるい魔法

Imagination Deficit Future Disorder(想像欠陥未来障害)

珍しくイラついている

あの人や、あの人の小さな声は聴こえない?言葉の伴わない感情は汲み取れない?

 

想像力は「そんなの憶測」と却下される

私たちには暗い未来しかない

 

好きで少数派になったわけじゃない

能力のある人だけがやっとこ最低水準で生きられて

残りの人は修羅の道を往くのか

 

想像欠陥未来障害

 

そんな大勢の人たちに囲まれて

生きていけるのだろうか?

 

私に明るい未来をくれ

そのための選択肢をくれ

 

未来をくれ

作れるぶんは私でもやるから

未来をくれ

未来を作れ

想像欠陥未来障害

そんな大勢の人たちに囲まれて

生きていけるのだろうか?

生きていけるのだろうか?

 

 

 

”あやふや”

感情って固定されてるものだと思ってた

ピンで思い出の風景に留めて壁に貼って

 

でも不思議

いろんな柔らかな感情が、みんなにはあって、

道理が通らなくっても、理不尽でも、

その時の体調や機嫌で変わるものらしい

 

今まで

私がピンで留めてきた感情は

強くて硬い感情

 

柔らかくて儚い感情を取りこぼさずに見つめられたら

これからは多分もっと素敵な風景

 

 

 

”嘘をください”

何もかもが数値化され

可視化されていく中で

あの日のあなたの嘘だけは

数値にもならず

目にも見えず

もやもやと心の底に蒼く残留している

 

私は死んでいるのかもしれない

一瞬一瞬を生きても

全体では死んでいる

あの日のあなたのとっさの嘘が

まだこの体の輪郭を形作り

四方八方に飛び散りそうな私を現世にかろうじて留めているのだ

 

このままでは時間の問題

ねえ、あの日のように

素敵な嘘を

素敵な嘘をたくさんください

 

 

”触れて、舞い、落ちる”

話してみようか

溜まりに溜まった言葉を捨てて

優しく閉じた両の唇

触れて

かすかに

感じる程度に

触れて

頭がおかしくなった

変な踊りを踊っていたように思う

 

原始の欲望

恋愛は怠惰

堕天使に誘われるがままに

触れて

彷徨って

触れて

あなたもおかしくなった

 

楽しいね

 

 

 

”季節は終わらない”

あれほどしたためていた想いも

ワンクリックで消え飛んだ

 

次から次に言葉が出てきてあなたを困らせるけれど

それももうおしまい

 

いつか見た風景は名前も色も無くなり

こうやってこのまま

息をするたびに同じリズムで

薄れていくのだろう・・・

 

不思議とさびしさは無く

ボロボロなまま一人立ち尽くしている自分を

上から眺めているまた一人の自分がいる

 

ああ、あなたが今言ったその言葉、結晶にして持っておきたい

きっととても綺麗

ずっと後になって泣くかもね

 

季節は終わらない 変わっていくだけ

冬と春の間や、夏と秋の間のグラデーションの中で

ちょっと胸の奥がキシキシと過敏になるだけ

 

些細なことです

些細なことです

 

 

 

 

 

”醜形恐怖”

醜形恐怖

都市規模の晒しもの

美化されたロマンス

みな口をつぐみ

不協和を唱えられない

絶対的な暗黙の了解

誰にだって

そう

誰にだって

 

くだらないや。

つまらないさ。

人生は猛スピードに飲み込まれて

濁り歪み醜い己に気づき砕き殺め葬る

 

言葉をぶつけ

投げ続け

この人生は猛スピードに飲み込まれて

濁り歪み醜い己に気づき砕き殺め葬る

 

 

 

 

 

 

”そのコントラスト”

鎮痛剤

鎮静剤

迷いは夕暮れに定めし焦点

奢りは猿の狂いし瓢箪踊り

 

ドレッド、モヒカン、ショッキングピンク

宿りし命を捨て

 

回る回るビイドロ画廊の永遠にも感じるような眩暈

足元はおぼつかず

 

漸くーーー

 

冷たいタイルにぽとぽとと落ちるあたたかい血

無常を示す白いタイルと生命の根源的激情を抱く鮮血

そのコントラスト