読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Death & Honey

死と蜜、儚く甘く気だるい魔法

”僕らは謳ったね”

避けきれない疼痛

無銭 流解

百薬 羨望鏡 

情操は上へ下へ有耶無耶

できる限りおどけて狂って笑って。

 

とんだ驚き鉄砲玉

嵐のさなかの一瞬

濁流

振り返れば一瞬

あまりにも鮮やかで濃密な一瞬

できる限りおどけて狂って笑って。

 

僕らは遊んだね

僕らは謳ったね

 

 

 

”春の夜の献体”

倦怠

上を眺めればたそがれに浮遊

下を見おろせば沈む波打ち際

 

春の夜の献体

この厳かな生命

その響き

巨大な黒い海

吸い込まれそうになって後ずさった

 

春の夜の海がどの季節の海より一番良いって教えてくれたのにあなたはもういない

 

 

 

”無響残影 乞う絶/死 獄”

慟哭

無縁

 

其処に意義は無し

故に異議は無し

 

脳天

顳顬

死ぬまで残る此の痛み

 

醜塊

重鉛

深海

 

彼岸

此岸 

 

beyond.

 

愚、愚、愚

 

 

 

 

 

 

 

 

”どうして今日は終わるの?”

明日が来るのがもったいないくらいだ

どうして今日は終わるの?

土曜の花曇りの夕方

この

瞬間が

ずっと続けばいいのに

どうして終わるの?

 

言い出した順番が大切な順番

私を一番最初に言ってくれてうれしかった

桜の樹の下

散るのは不安

去るのは情け

墨色の幹から時々風に舞う淡いピンクの花びら

それは気まぐれな涙

髪の先に花びらが一枚、とまった

払い落としてしまうと何か寂しくなりそうで放っておいた

 

どうして?

帰らなきゃいけないの?

明日が来るのがもったいないくらい

桜よ、桜の花びらよ、散れよ散れ

世界を彩って終わらない今日を作っておくれ

過去も未来もいらない

今、この瞬間の幸せを永遠に繋ぎとめてほしいのです

 

 

 

 

”笑っていてね”

いまだ雪はやまず

予想はずれのお天気に

交差点は混乱してる

白と黒が交差して

そのコントラスト、ハレーションのような眩しさの中で

あなたを見つけられるだろうか

 

その無骨で滑らかな鎖骨や、手の甲のすじ

色白なあなたは見つけにくいだろうね

だから笑っていてね

毎日は気が狂いそうで

だから笑っていてね

どうにかやりすごすために

 

いまだ雪は降らず

予想はずれのお天気に

交差点は落胆してる

 

毎日は気が狂いそうで

だから笑っていてね

見つけやすいように

笑っていてね

どぶの中から

探しているよ

あえぎ、もがき

苦しみながら

やりすごすために

 

だからわらっていてね

 

あなたは

 

 

 

 

”貴死電信哀歌”

残酷無神

退廃懺悔

堕天崩落

 

死ヌトアッテハ誰モ止メラレヌ⋯

 

無常哀花

集落弾劾

放念自決

 

シヌトアッテハダレモトメラレヌ

シヌトアッテハダレモトメラレヌ

シヌトアッテハダレモトメラレヌ

 

電信を打っていますあなたに

電信を打っていますあなたに

 

聞こえますか?

聞こえますか?

 

 

 

 

”無風”

窓の外は嵐

夜より暗い部屋

不安不安不安は

funじゃなくno fun

「未来は良いもの、過去は良いもの」

ロックスターに騙されて

味わってみればどっちも無味無臭

 

誰も嫌いになれない

誰も好きになれない

心は無風

ただ、流れるマグマを見ていたい

 

窓の外は嵐

夜よりも暗い部屋

不満不満不満は

loveじゃなくhate

生き方は誰かからコピー・アンド・ペースト…

落ち込み出したらキリがないから思考停止

 

誰も嫌いになれない

誰も好きになれない

心は無風

ただ、膨らむ宇宙を見ていたい

 

私は良い人?

悪い人?

優しい人?

怖い人?

愛したい?

殺したい?

どうして決めようとする?

どうして他人との距離を測ろうとする?

もううんざり

いつから自分にうんざりするようになった?

 

心は無風

ただ、変わってゆく自分を見ていたいだけなのに