Death & Honey

死と蜜、儚く甘く気だるい魔法

”もう安売りはしない”

くだらない言葉を吐いて消化しようものならそれは愚かで

想ってもいない言葉をさらっと言ってしまえるのも

「素敵」だとか「綺麗」だとか「かわいいね」とだかも全部安売りだもの

 

私の人生はそんなに安くない

そう思えるのはきっと大切で

その大切さの意味もよくわからないまま

意地を張って

警戒して

小さくなって生きてきた

 

花に例えるのはもうやめて

息ができない

 

この檻の中じゃ

 

許されることなら、高く崇く堅く

 

”雨の中の白猫”

雨に濡れた猫が目の前を通り過ぎた

薄汚れた白猫

重そうな身体

 

雨に濡れた猫はどこへ行く?

宿はない

家はない

寄りかかる軒下もない

この街にはもうない

 

私はひどく切なくなった

似たようなもんだ

私だって

あなただって

 

猫と一緒に

家を探そうか

ホーム・スウィート・ホーム

そんな場所はないのに

家なんてものは

 

私と猫はきっと二人、濡れたまま

途方に暮れて

雨が過ぎるのをやり過ごすだろう

 

 

 

”雲はサイン”

なにが出るか試してみよう

おっとびっくり燦然世界

飲めないお酒に無理矢理頼り

 

理屈も形式も無い、ジャンプ・アップ

君の話にはほとほと疲れた

越えていけるかな

崖っぷち

我慢が大事さ

忍耐強く

ああ、なんて儚げなんだ

 

つらつら、空に文字を描いてく

雲は神様からのサイン

 

あの形は…

”静かの海で”

その額に

気まぐれに

黒衣の堕天使のキス

 

夕暮れ

手遅れ

罪を背負い

穢れてしまった道徳心

 

また会いましょう

また会いましょう

静かの海で

何が聴こえる?

互いの姿は見えずとも

身体が朽ち果て 無くなっても

 

 

 

”地獄を一緒に過ごすのも悪くない”

いじらしく

抵抗のしようのない響き

その名前

 

呪いであり魔法でもある

地獄を一緒に過ごすのも悪くない

あなたとなら、ね

 

憂鬱を手懐け

絶望と固く友情を結び

閻魔大王でさえ畏怖の念を抱くという

 

その涼しげな目元に

伏せた睫毛に

あらゆる美が集まり

ため息をする

 

呪いであり魔法でもある

地獄を一緒に過ごすのも悪くない

あなたとなら、ね

 

 

 

”ディレイ”

言の葉はひらひらと舞い

刻まれたハーシュノイズ

置換された影

蒸留された想い

 

帰ってこないやまびこ

ディレイしてディレイしてディレイして