Death & Honey

死と蜜、儚く甘く気だるい魔法

”君にならば殺されたい”

人の情けに嫌気がさして

差分  切り捨てて

夜中  虚空に吠える

 

唐突に忌々しい罪への懺悔

君にならば殺されたい

その気で呼吸している

そのつもりで生きている

君にならば殺されたい

明日が来なくってもいい

 

 

 

 

"分断の銅像"

優雅に進む

無理なく進む

そのはずだった

どこかで狂ってしまった

 

分断された空間

箱庭

怒るだけで精一杯の人達

 

かわいそう

憐れみの染み込んだ土壌

 

知らんぷりした銅像

世の喧騒なんてどうでも良いよ、と

風雨にさらされている

 

傘をなくした私は

ずぶ濡れで帰った

よくわからない怒り

よくわからないから機嫌が悪いのか

 

濡れてしまえば

どうでもよくなった

 

あの公園の銅像

私と同じ

 

 

 

”夜が開けることを知らない子供たち”

化学煙はファルセット

空高く昇り 裏返り 消えていく

血圧は下がる

心臓をノックする

生きようと

生きようとして

 

ぶつ切りの言葉

祈りはもはや遠い

叶わずに散った花たちや

朝を知らず

夜が開けることを知らない子供たち

 

いつか終わりは来る

締めの言葉を用意する間も無く

 

世界

その奥の奥の

核心に触れたい時にだけ

私は防御を解く

 

夜が開けることを知らない子供たち

この魂は君達に捧げる

 

 

 

”ウインクを一つ”

躊躇いの因果か

野生の系譜か

背筋を昇ってくるスリル

 

遠い遠い先祖の声がする

それに従っているだけ

 

罪を犯し

裁かれたこの魂は

果たして清らかになったか?

 

太陽の黒点

忘れたつもりでも

いつもどこかに黒い点

−こびりついた血は消えず

 

断頭台で

洒落た言葉の一つでも吐いてみたいもんだ

転がる私の首は

最後に

ウインクを一つ

 

 

 

”うめき声の破片”

湿っぽさを振り切り

無縁

もどかしいが耐え忍び

孤独

 

強く生きていたいだけなんだ

−夕日が水平線に溶ける

風景に負けるつもりはない

心象、描いた習作の山

蝋燭で照らす

 

波打ち際

辺り一面に

うめき声の破片

拾っても拾っても

数が減る気配は無い

 

回収屋の出番

あとは連中の仕事

 

瓶のサイダーを買って私は帰路についた

 

 

”霧の運河にて”

本当に恋しい時に会いたい人が運命の人だから

君じゃないね

寂しい時じゃなく

穴を埋めるのではなく

 

永遠という嘘で遊んでるのさ

揺らぐ気持ちの中で

不安のボートに乗り

船頭は私に優しく語りかけた

運河は霧深く

私は船頭が何を言っていたかもう思い出せないでいる

 

悲しいよ

悲しいよ

お薬を飲んで

お薬を飲んで

今日が行き過ぎる

ただただ行き、過ぎる

 

全部夢というオチはない

船頭が何を言っていたのか思い出せない

会いたい時に恋しい人はいない

会いたい時に

会いたい時に

 

 

 

”頭の中、空白で圧迫”

枯れた葉を踏む

消えた摩擦に問う

信じた儀礼を蔑む

ないがしろにした約束を思い出す

 

連れ添った無限は錯覚

頭の中、空白で圧迫

やがてそれに満たされ

いずれ歳をとり

朽ち果てるのだろう

 

細長い彫像はあなた

枯れた木の枝でほほを弾く

 

今日の帰りもまた枯れ葉を踏む

頭の中は空白で圧迫されていく