Death & Honey

死と蜜、儚く甘く気だるい魔法

”ウインクを一つ”

躊躇いの因果か

野生の系譜か

背筋を昇ってくるスリル

 

遠い遠い先祖の声がする

それに従っているだけ

 

罪を犯し

裁かれたこの魂は

果たして清らかになったか?

 

太陽の黒点

忘れたつもりでも

いつもどこかに黒い点

−こびりついた血は消えず

 

断頭台で

洒落た言葉の一つでも吐いてみたいもんだ

転がる私の首は

最後に

ウインクを一つ

 

 

 

”うめき声の破片”

湿っぽさを振り切り

無縁

もどかしいが耐え忍び

孤独

 

強く生きていたいだけなんだ

−夕日が水平線に溶ける

風景に負けるつもりはない

心象、描いた習作の山

蝋燭で照らす

 

波打ち際

辺り一面に

うめき声の破片

拾っても拾っても

数が減る気配は無い

 

回収屋の出番

あとは連中の仕事

 

瓶のサイダーを買って私は帰路についた

 

 

”霧の運河にて”

本当に恋しい時に会いたい人が運命の人だから

君じゃないね

寂しい時じゃなく

穴を埋めるのではなく

 

永遠という嘘で遊んでるのさ

揺らぐ気持ちの中で

不安のボートに乗り

船頭は私に優しく語りかけた

運河は霧深く

私は船頭が何を言っていたかもう思い出せないでいる

 

悲しいよ

悲しいよ

お薬を飲んで

お薬を飲んで

今日が行き過ぎる

ただただ行き、過ぎる

 

全部夢というオチはない

船頭が何を言っていたのか思い出せない

会いたい時に恋しい人はいない

会いたい時に

会いたい時に

 

 

 

”頭の中、空白で圧迫”

枯れた葉を踏む

消えた摩擦に問う

信じた儀礼を蔑む

ないがしろにした約束を思い出す

 

連れ添った無限は錯覚

頭の中、空白で圧迫

やがてそれに満たされ

いずれ歳をとり

朽ち果てるのだろう

 

細長い彫像はあなた

枯れた木の枝でほほを弾く

 

今日の帰りもまた枯れ葉を踏む

頭の中は空白で圧迫されていく

 

 

”無限のエンドロール”

寄り添えど

足並みは合わず

わざとかなって勘ぐりもしたし

色々捨ててきた

予防線張っても

死ぬだけだった

 

そこかしらにヒントは張り巡らされ

人生の伏線を回収

君のストーリーに私は登場しないんだね

 

ねえ、待ってよ

牙はもう無いし

この身体は洗浄装置で清めたよ

 

そのはずなのに

霧が深くて

君の顔が見えない

足跡すら追えない

 

暗く白い森の中

橙色に堆積した腐葉土に膝をつき

今まさに死にゆくところさ

あー、バイバイ。

 

(そして流れる無限のエンドロール)

 

 

 

”心意気を讃えよう”

空振りの中の

心意気を讃えよう

宙を切って死んだ

蠅のように死んだ

 

大酒呑みの山の民はぐうぐうといびきをたてている

その夢の中で

結婚式があった

人間と北極狐の結婚式

 

やあ、めでたい

やれ、めでたい

寝言は私の家にまで届いてきた

 

 

 

”滞留する蒼”

届きません

声も、言葉も、視線も、手も

ほんのささやかなものを待っています

 

なので夜は少し泣いたり

お酒を飲んで電話をかけて、からかうかもしれません

ごめんね

 

感じていたより距離は近く

でも見た目より心は遠い

 

さめざめと言葉を投げては

心が折れ

また塞ぎ込んでしまいます

若さとは「何回折れたか」であり

「何回生まれ変わったか」なのです

 

蒼いうちが華