読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Death & Honey

死と蜜、儚く甘く気だるい魔法

”黒揚羽森林公園”

車を停めて

私たちは森林公園にやってきた

 

ずっとずっと歩いた

突然わきに小さな階段

かなり上まで続いている

木が生い茂っていて先は見えない

 

「こっち行ってみようか?」

階段を指差しあなたは言った

私は頷いた

 

黒揚羽が一匹

ひらひらと

目の前を

 私たちを案内するように

 

やがて小さな見晴らしの良い高台の公園に出た

 

「いい眺めだなあ」

あなたは言った

 

私は景色もそこそこに黒揚羽を目で追っていた

 

その先にはまだ階段だ

私たちは登った

スニーカーでくればよかったなあ

隣を歩く彼を見て羨む

草や土や虫が気になる

 

このまま進んでいくと何があるのだろう

またも階段の先は見えない

空気がひんやりしてきた

鼻先で青い匂いを感じる

 

どこまでいくのだろう

 

このまま

このまま

 

黒揚羽に誘われて